Woocommerceで制作したECサイトで離脱が起こり得る問題とは?

世界で一番利用されているECサイトと言えばWoocommerceですが、日本仕様の場合、商品を購入する際に必ずと言っていいほど住所入力で引っかかってしまう項目があります。

年配の方は上記の問題を自己解決できないことが多く、離脱に繋がっていることもあるようです。

実はWoocommerceでの郵便番号の入力項目の標準仕様は「ハイフン」が必須項目なので、ハイフンを入力しないで番号を入力していくと以下のようなエラーが出て先に進めなくなります。

標準機能だからしょうがないと思っている人はカスタマイズすることで改善できますので遠慮なくご相談下さいませ。

投稿者プロフィール

石原 大樹
石原 大樹株式会社 ウィズ・プランニング 代表取締役 留辺蘂商工会議所議員 北海道出身
北海道留辺蘂町という人口9千人に満たない小さな町を拠点としながら独自の集客方法で、東京・大阪・福岡・名古屋・沖縄、そして海外に至るまで幅広いクライアント層を確立。
そのかたわら、TV/CMなどで活躍している大手上場企業や芸能プロダクションなど、多くのウェブ制作、デザイン業務、講師業にも携わっている。
趣味はベースギターと一眼レフカメラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください