サイトを常時SSL対応しましょう!

ホームページが安全ではない場合に表示される警告

あなたのホームページURLは上記のように「保護されていない通信」という内容が表示されていませんか?

この警告は、「このサイトは安全ではありません」ということを表しており、最悪これを見たユーザーが不安を覚え、離脱してしまっている可能性があります。

SSL対応(HTTPS化)が義務付けられる日も遠くはない?

SSLとは、Secure Sockets Layerの略で、インターネット上で情報を暗号化して送受信できるようにすることで個人情報・クレジットカード情報などの大切な個人情報やデータを安全にやりとりが行えるWebセキュリティです。

昔から存在している技術のため、目新しいものではありませんがここ最近、googleChromeのセキュリティ強化により、HTTP接続では常に警告表示がでるようになりました。

警告は自然に収まるものではありません

そのため、表示させないための対策が今後必要となります。

今回は「保護されていません」というテキストだけの表示ですが、HTTPサイトを排除しようとしているGoogleの本気度からすると、将来的には「http://」のURLというだけでアドレスバーが赤くなるなどの対策をしてくるかもしれません。

SSL対応に関するお問い合わせ

このサイトはSSLを用いて暗号化通信を行っております。入力された個人情報が、中心中に第三者に漏れることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です