既存のランディングページをベースに修正領域を付ける

既存のランディングページ(HTML)を利用し、修正可能領域を組み込みつつLPを量産できるようにページの複製機能を追加するカスタマイズを行いました。

方法としては、既存のランディングページをベースに弊社のオリジナルプラグインを使ってWordPressの固定ページに埋め込む作業を行います。

通常であれば、WordPressに直接ランディングページを組み込むとなると多大な労力と時間が伴うため、料金も割高になりますが、弊社のプラグインを使うことで固定ページ内にHTMLをダイレクトで挿入し、弊社で調整を行うことでWordPress機能を利用しつつ、修正ができるようになります。

修正領域を作ると固定ページに専用の編集ページができます。

既存のWordPressサイトとの共存もできることから管理もしやすいですし、ページの複製機能があるのでLPを複製し、A/B分析などにも利用できることからお勧めですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください